• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

会報でファンに本音「闘病生活が大変だとか思わないで」

 2008年2月10日、「忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館」が開催された。

 開演時間の18時過ぎ、清志郎を待ちわび、割れんばかりの手拍子が武道館に大きく響く。場内が暗転、「君を呼んだのに」(1982年)のイントロとともに、ステージ上方の巨大スクリーンに療養生活中の清志郎が映し出された。

「それは、髪の毛がまるっきりない坊主頭の清志郎さんでした。抗がん剤の副作用が出た姿から、毎日、自撮りで記録写真を残したんですね。写真は走馬灯のようにコマ送りされ、徐々に髪が伸びて、ついにはメークをした衣装姿の清志郎さんになった。大歓声と涙の素晴らしいオープニングでした」

 清志郎はどうしてそこまで、自分をさらけ出すのか。

「生来のエンターテイナーぶりには驚かされるばかりです。深刻な状況下でも、俯瞰して自分を見る絶妙なバランス感覚と、たとえ転んでもただでは起きない表現者の魂。写真の中には時々、レゲエのカツラや夜店のお面をかぶったり、ところどころに自画像も紛れ込ませていた。どんな時にも、ユーモアを忘れない清志郎さんがいます。人を楽しませることで、自分も楽しんでいるように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る