劣化知らず? 藤原紀香の豊かな表情「イジってない証し」

公開日:

 近年は映像の高画質化のせいで、引力にあらがえなくなった肌を内側から糸で引っ張る手術やボトックス注射を施す女優やモデルは増加の一途。その副作用で表情は平坦になっているとか。ある美容家がこう言う。

「笑ってもファンデがヨレない、と言えるということは、美容整形でイジってない証拠。タモリさんが憧れたあの大女優もついに糸を入れてしまいました。森光子さんもやっていたシワのばしの“ボトックス注射”は表情筋を麻痺させ、どちらも表情がなくなってしまう。そういう人たちは笑っても表情が変わらなくなるのです。紀香さんもそれなりにケアしているでしょうが、大手術していないこと、あの表情の豊かさは称賛に値します」

 女優のエゴサーチで多いワードは「劣化」。ナチュラル美でここまで若さを保つのはお見事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る