劣化知らず? 藤原紀香の豊かな表情「イジってない証し」

公開日:

 近年は映像の高画質化のせいで、引力にあらがえなくなった肌を内側から糸で引っ張る手術やボトックス注射を施す女優やモデルは増加の一途。その副作用で表情は平坦になっているとか。ある美容家がこう言う。

「笑ってもファンデがヨレない、と言えるということは、美容整形でイジってない証拠。タモリさんが憧れたあの大女優もついに糸を入れてしまいました。森光子さんもやっていたシワのばしの“ボトックス注射”は表情筋を麻痺させ、どちらも表情がなくなってしまう。そういう人たちは笑っても表情が変わらなくなるのです。紀香さんもそれなりにケアしているでしょうが、大手術していないこと、あの表情の豊かさは称賛に値します」

 女優のエゴサーチで多いワードは「劣化」。ナチュラル美でここまで若さを保つのはお見事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る