劣化知らず? 藤原紀香の豊かな表情「イジってない証し」

公開日:

 モデルの藤原紀香(47)が9日、都内で行われた、ちふれグループの新ブランドコスメ「HIKARIMIRAI」の発表会にブランドミューズとして登壇。大胆なスリットが入ったブルーのドレスで会場に花を添えた。

 梨園のストレスで激ヤセ報道もあったが、豊満な胸と美脚は変わらず。夫・片岡愛之助(46)は今回の就任に「『おお、よかったなー、趣味やんか』って言ってくれました」と活躍を応援していることを明かし、「中でもクリームファンデが好き。笑ってもファンデがヨレない。こんな感じの(表情が大きく変わる)話し方なので、表情を気にせずにいられるのはうれしいですね」とブランドをアピールした。

 アラフォー対象の化粧品ということで“年だと思う瞬間”について聞かれると「強いて言えば……階段の上り下りとか。(歌舞伎座など)エレベーターがなくて、和服で駆け上がったりするんですが、家に戻ってお風呂に入ったときに感じます。夏休みはないですね。主人が新橋演舞場の舞台に立っているのでよく行ってます」と妻として献身的に支えている様子も明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る