• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

 元AKB48の前田敦子(27)が俳優の勝地涼(31)との結婚を発表して大きな話題になった。

 AKBで絶対的エース、不動のセンターという人気ぶりで、その卒業も話題になったもの。これまでの恋愛禁止から解放されたこともあって、女優転身後は大いに羽を伸ばし、合コンで泥酔して佐藤健にお姫様抱っこされる姿を写真誌に撮られたり、尾上松也との熱愛が話題になったりと、“恋多き女優”のイメージが出来上がっていた。芸能マスコミも、また恋愛の話が出てきそうだと、そろそろ取材していこうかというところだった。その矢先の結婚発表となったので、妊娠の可能性が取り沙汰されることにもなった。

 まあ、交際4カ月のスピード婚で、勝地もモテ男と評判だったから、芸能マスコミが追いつけなかったのも無理はないと思う……。個人的に前田の女優としての活躍はなかなかのものだと思っているが、彼女の仕事ぶりを見ていると、やはりAKB出身で、前田の後に卒業した大島優子(29)の活躍ぶりが好対照として頭に浮かぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る