変わる「引退」の意味…小林麻耶に芸能リポーターの見方は

公開日:

 とはいえ、結婚発表のブログでは「今後もたくさん働きたいと思います」と決意を語っていた麻耶。

 その言葉を翻して、引退を表明した背景には妊活に取り組みたいため、とも報じられた。

「極端な話、マスコミが来ないようにしたいのならば、取材全てを完全に無視すればいいんですよ」と、芸能リポーターの城下尊之氏はこう続ける。

「マスコミは関心のあるところに行きます。ですが、そこに行っても無駄となれば、自然と行かなくなります。たとえば、昨今では『サインはV』で大人気になった中山麻理さんがコンビニで働いている姿が写真誌に載りました。往年のファンの皆さんが驚いたように、多くの記者がそのコンビニに駆けつけて、取材を試みたのですが、なしのつぶてでした。そこに麻理さんはいても、一切取材に応じなかったのです。ジュリーこと沢田研二さんも、あるときから応えなくなり、記者たちの足も遠のきました。麻耶さんも、週刊誌の取材が嫌でやめさせたいのでしたら、そのようにするべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る