後を絶たない自殺…韓国人タレントなぜそれほど死を急ぐ

公開日: 更新日:

 韓流ドラマ「善徳女王」などで知られる俳優チョ・ミンギ(52)が9日、ソウル市内の自宅マンションの地下駐車場で首を吊って死んだ。母校の清州大学で教授を務めていた時のセクハラ疑惑が理由とされる。

 それにしても韓国人タレントの自殺が後を絶たない。昨年12月には、男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメインボーカル、ジョンヒョン(27)が自殺。日本でも東京ドームで単独公演を行うなど人気絶頂だった。中高年読者には、「冬のソナタ」に出演したパク・ヨンハ(32)が10年に首吊りで命を絶っている。

 男性タレントだけではない。15年には、KARAの候補生で構成されたグループ「Baby KARA」のメンバー、ソジン(22)がKARAの新メンバーになれなかったことに絶望して自殺したほか、14年に歌手で女優のハンナ(33)、13年に女優のキム・スジン(38)、12年に女優のチョン・アユル(25)、11年に人気スポーツキャスターのソン・ジソン(29)、10年にタレントのパク・ヘサン(29)と“悲劇”が続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る