• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退は否定…竹内まりや「旅館業&歌手」の二足のわらじ

「確かに最近は、実家の方を優先し、歌の仕事が遅れ遅れになってはいます。ただ、このまま引退へということはありません。まだ発表できる段階にはないのですが、来年2018年のデビュー40周年へ向け、いろいろと準備を進めています」

 となると、今後は旅館オーナーと歌手との二足のわらじとなるようだ。その旅館は昨夏から改装をはじめ、今年3月にリニューアルオープン。まりやが接客をすることはないが、朝にまりや、夜にはまりやの夫で同じシンガー・ソングライターの山下達郎(64)の楽曲が流れるというから、往年のファンなら訪れてみたいと思うはずだ。

 竹野屋は出雲大社の鳥居から程近い参道にあり、開業は1877(明治10)年。まりやは6人きょうだいの三女で、地元では「美人4姉妹」としても名を馳せるお嬢さまとして育った。旅館は皇族が利用したり、沢田研二と田中裕子が結婚披露宴を行ったこともあるそうだ。

 気になる料金は最上級の本館特別室が10畳と6畳、51平方メートルの和室で、たとえば今月19日に大人2人で宿泊すると、6万4800円(サービス料込み)となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る