日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

引退は否定…竹内まりや「旅館業&歌手」の二足のわらじ

「確かに最近は、実家の方を優先し、歌の仕事が遅れ遅れになってはいます。ただ、このまま引退へということはありません。まだ発表できる段階にはないのですが、来年2018年のデビュー40周年へ向け、いろいろと準備を進めています」

 となると、今後は旅館オーナーと歌手との二足のわらじとなるようだ。その旅館は昨夏から改装をはじめ、今年3月にリニューアルオープン。まりやが接客をすることはないが、朝にまりや、夜にはまりやの夫で同じシンガー・ソングライターの山下達郎(64)の楽曲が流れるというから、往年のファンなら訪れてみたいと思うはずだ。

 竹野屋は出雲大社の鳥居から程近い参道にあり、開業は1877(明治10)年。まりやは6人きょうだいの三女で、地元では「美人4姉妹」としても名を馳せるお嬢さまとして育った。旅館は皇族が利用したり、沢田研二と田中裕子が結婚披露宴を行ったこともあるそうだ。

 気になる料金は最上級の本館特別室が10畳と6畳、51平方メートルの和室で、たとえば今月19日に大人2人で宿泊すると、6万4800円(サービス料込み)となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事