• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタク「月9消滅」で秋以降の予定白紙…フジ社長退任で

「実は亀山氏は社長続投に対し俄然、やる気を示していた。だが、亀山氏の肝いり企画だった現在放送中の月9ドラマ『貴族探偵』がコケたことで、ものすごい勢いでスポンサー離れが始まったんです。それらの責任を取る形で亀山氏は詰め腹を切らされた。亀山氏本人は寝耳に水だったといいます」(フジテレビ幹部)

 月9出演が取りやめになったことで、キムタクの秋以降のスケジュールは全く白紙になったらしい。

 厳しい立場に立たされたキムタクに、さらに追い打ちをかけているのが、間もなく6月を迎えることだという。

「元SMAPメンバーの独立話が再燃するんです。9月の契約更改に対し、答えを出すのが3カ月前。キムタクはSMAP解散の引き金をひいた張本人とみなされ、人気が急落した経緯がある。もし、ウワサになっている香取慎吾や草彅剛らがジャニーズを退社すれば、キムタクの人気に影響が出るでしょう」(前出のテレビ制作会社関係者)

 崖っぷちのキムタクに起死回生の策はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る