日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ジャニーズに異変 元SMAP懐柔工作の裏で敏腕マネが退社

「SMAP独立騒動、第2章のはじまりです」と、ジャニーズに詳しい関係者は言った。毎年9月の契約更改へ向け、更新するのかどうかを意思表示する6月が迫る中、木村拓哉(44)を除く元メンバー4人を巡る動向が激しくなっている。

 ジャニー喜多川社長は1月に「それぞれの気持ちに任せます」と語ったが、次期社長とされる藤島ジュリー景子副社長(50)はここへきて、引き留め工作に躍起というのだ。

「まず、香取慎吾と草彅剛はジャニーズを出るんじゃないか。それに稲垣吾郎も続き、中居正広も独立の方向といった情報があります。昨年も元メンバーたちの移籍先で取り沙汰された大手芸能プロの田辺エージェンシーやケイダッシュが水面下で動いているらしい。中居は司会を務めるバラエティー『中居正広のミになる図書館』の生放送もはじまり、ソロとして仕事にのっていて、ジャニーズにとどまる可能性も半分くらい残っているのですが。ジュリー副社長はその中居を通じて、昨年の解散前から連絡の取れない香取慎吾にアプローチし、今後もジャニーズにいてもらっていいんだというメッセージを送ったりと元メンバーたちの懐柔策に出ているんです」(ジャニーズに詳しい芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事