北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(上・下)」 A・J・フィン著 池田真紀子訳

公開日:

 異色のミステリーだ。ニューヨークの高級住宅地に住む語り手のアナは、いつも双眼鏡で近所をのぞきまくっている。引っ越してきた人間がいると、ネットを駆使して調べまわる。引っ越していった人間の現在まで調べたりするのだ。アナは家から一歩も出ない。そうして双眼鏡で近所を一軒一軒のぞき、ネットで調べている。そういう女性が主人公の小説なのである。どうしてそんな日々を送っているのかという理由はある。広場恐怖症なのだ。

 外に出ていくことが出来ない。夫と娘とは生活を別にして、もう10カ月間も部屋の中にいる。ひとりで古い映画を見て、朝からアルコール浸りの日々だ。

 このヒロインがある日、殺人事件を目撃する。ところが誰も、警察すらも、信じてくれない。一日中アルコール漬けになっている人間の言うことなので、信憑性がないと判断されるのである。本人にも、自分は本当に殺人現場を目撃したのだろうかという疑いがあったりする。しかし、誰も信じてくれないのなら、自分で調べるしかない――というわけで、家から一歩も出ない探偵の推理が始まっていく。いやあ、面白い。ラストまで一気読みの快著だ。

 A・J・フィンはこの作品でデビューした作家で、この衝撃的なデビュー作は英米で100万部以上を売り上げ、ジョー・ライト監督、エイミー・アダムス主演で映画化も決定という。公開前にぜひ本書を読まれたい。

(早川書房 各1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る