「兄弟の血(上・下)」アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂・鵜田良江訳

公開日:

 2人の弟と銀行強盗を繰り返してきたレオは、6年の刑期を終えて出所。刑務所の前では母と弟のフェリックス、そしてかつて母を殺しかけた父親のイヴァンが出迎える。酒を断ち更生したイヴァンは、レオを立ち直らせようと待ち構えていたのだ。

 彼らの誘いを断ったレオは、獄中で練った計画を実行するため、すぐに行動に取り掛かる。逮捕前に隠していた武器や弾薬を掘り出したレオが向かったのは、一足先に出所した殺人犯のサムの家だった。サムの弟は、レオを刑務所に送り込んだあの刑事のブロンクスだった。2人はブロンクスに復讐を果たし、「存在しないもの」を手に入れるために現金輸送車襲撃計画に取り掛かる。

 スウェーデン発のミステリー「熊と踊れ」続編。

 (早川書房 各860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る