「星の文学館」和田博文編

公開日: 更新日:

 映子は、たまに部屋から歩いて3分の場所に借りた駐車場の車の後部座席で一夜を過ごす。車で寝ると懐かしい記憶が呼び起こされるからだ。8歳の冬、車の後部座席で寝ていた映子が目を覚ますと、知らない間に車は走り出し、運転席には見知らぬ男がいた。文蔵と名乗った男は、映子が乗っていたことに驚くが、車は既に高速道路を走っており、降ろすこともできない。おとなしくしていれば危害を加えないという文蔵を信じた映子は、目的地が近づいたサービスエリアで文蔵と一緒に星を眺める。(三浦しをん著「冬の一等星」)

 ほかに、ハレー彗星と地球との衝突の噂に揺れる日々を描いた内田百聞のエッセーなど、天体をめぐる文学作品を編んだアンソロジー。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る