• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「社長争奪 世襲・派閥・策謀」有森隆著

 大塚家具がピンチだ。創業者の大塚勝久氏と、娘の久美子社長が経営方針をめぐり対立してから約3年が過ぎた。ブランドイメージは悪化し、今期(18年12月期)は3年連続の最終赤字に転落する見込みだ。

 ジャーナリストの有森隆著「社長争奪――世襲・派閥・策謀」(さくら舎)は、大塚家具をはじめ「内紛」「お家騒動」「権力闘争」に直面した8社を取り上げ、経営陣がどう対処したかを分析している。読み応えのある企業モノとしてサラリーマンの間で話題だ。

 第1章は大塚家具。久美子社長の経歴から、家族間の骨肉の争い、父親・勝久氏の解任などを掘り下げている。有森氏は、「大塚家具は2018年5月27日、創業の地、埼玉県春日部市の店舗を閉鎖した。はたして大塚家具は存続できるのだろうか」と書いたが、まさに今、大塚家具は身売り説が浮上するほど“存続の危機”に立たされている。

 創業家がらみでは、パナソニックの松下家、ダイエーの中内家を取り上げている。そのほか、NECの会長VS社長の泥沼、みずほFGの派閥抗争、ガバナンス問題で迷走したクックパッドなど権力抗争の内幕を描いた。

 盆休みに熟読したい一冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る