• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あまからカルテット」柚木麻子著

「女の友情はハムよりも薄っぺらい」という言葉があるが、果たしてそうか。アラサーともなると、未婚、既婚、子供のあるなしといった、ライフステージの変化によって関係が疎遠になることもあるようだが、それは男だって同じこと。

 本書に登場する女子中学以来の仲良し4人組は、そんな既成概念をはねのけて、変わらぬ友情を育んでいる。そしてその重要な要素に「食」があるのがミソ。

【あらすじ】咲子、薫子、満里子、由香子のアラサー4人組は、14歳のころから月に1度、咲子の家に集まりティーパーティーをするのが習慣となっていた。自宅でピアノを教えている咲子は、引っ込み思案で恋には奥手。その咲子が、花火大会で隣に居合わせた男に一目惚れするが、連絡先も聞かず別れてしまう。それを聞いた他の3人は、彼からもらった稲荷寿司を手掛かりに居場所を捜しに出かける。

 唯一の既婚者、由香子は、得意な料理をブログに上げ、そのブログが人気となり、編集者である薫子が本にすることに。ところが由香子は、中傷するブログに傷つき引きこもってしまう。そんな由香子のために3人は、幼い由香子の思い出の甘食を一緒に食べた女の子を見つけ出す。颯爽とした美人で美容部員の満里子は恋人にふられ未練たらたらだったが、特別なハイボールに出合ったことで、ある決断をする。咲子の恋人捜しをきっかけに先輩編集者と結婚した薫子は、仕事と家庭の両立に悩むが、それを救ってくれたのは絶品のラー油だった。

【読みどころ】最後は4人共同で作るおせち。時にぶつかり合いながらも、変化するライフステージに応じて新たな友情を築いていく4人組。この先どんな料理が彼女らを結びつけるのだろうか。 <石>

(文藝春秋 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る