• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

銀座の街にも28種類の雑草が生えている

「身近な自然の観察図鑑」盛口満著

 都会のマンション暮らしで、会社と自宅を往復する日々で、一番難しいのが自然との触れ合いではなかろうか。ところが、わざわざ里山や海に出かけなくても、近所の公園はもちろん、通勤・通学路や自宅のベランダや庭、果ては家の中や、日々口にしている食材からも自然観察は可能だという。本書は、そんな身近な自然観察の楽しさや方法を説いたガイドブック。

 身近な自然観察の第一歩は雑草の観察から。どんなに洗練された街でも、道端には雑草が生えている。銀座でフィールドワークした時は、なんと28種類もの雑草が見つかったという。ただ雑草を見つけることに興味が持てない場合は、その雑草が食べられるかどうかなど、視点を変えてみることで、雑草観察も面白くなるという。例えばキク科の草は食べることが可能だが、ケシ科の植物は毒草が多いのだとか。

 そのキク科の雑草の代表のタンポポからじっくり観察。タンポポの花びらのように見える、あのひとつひとつが実は花で、小さな花がたくさん集まってひとつの花のように見えているのだという。

 さらにタンポポの在来種と外国から入ってきた移入種の簡単な見分け方や、キク科の他の植物との綿毛比べ、そしてタンポポの花茎を手折った時に切り口から出る白い汁で作る消しゴムなどの遊び方まで。タンポポだけでも知らないことだらけで、どれほど身近な植物に目を凝らしていなかったか痛感させられる。

 他にも、ネコジャラシをはじめ、街路や公園で観察しやすいイモムシやテントウムシ、家の中の衣類や本の間などに入り込んでいる「シミ(紙魚)」や、庭のカタツムリ、食卓に上るカキやリンゴの観察など。普段それと気づかない身近な自然の中に未知の世界が広がっていることを教えてくれる。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る