• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生命の内と外」永田和宏著

「ミトコンドリア」や「オートファジー」など、21世紀に入ってから、より詳しく細胞の働きを知り、その異変に気付かなければ病気を治すことができないという事実がわかってきた。

 その際、欠かせないのが私たちの生命を維持させている「膜」の存在だ。

「膜」は閉じつつ開きながら必要なものを摂取し、不要なものを拒み、排除している。

 恒常性とは、そうして生命を維持させていくシステムのことだ。

 日本を代表する細胞生物学者がこの摩訶不思議な働きについて平易な文章でわかりやすく説明してくれる。文中では、科学知識を持ちながらそれを実際の生活に生かせず、広告にのせられている“いまの風潮”に苛立ちを見せているのも面白い。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る