• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「痛覚のふしぎ」伊藤誠二著

 患者が医師に“真っ先に治して欲しい”と訴えるのが痛みだろう。その痛みはどのようなメカニズムで発生し、現在、どのような治療法があるのかをやさしく解説してくれる。著書は関西医科大学医科学講座教授。痛覚には、熱いものを触ったときに反射的に手をひっこめるという単純なパターンの「感覚的側面」と、不安、恐怖、過去の記憶などの影響を受ける「情緒・感情的な側面」の2つがある。鎮痛剤が効かない後者のケースでは認知行動療法が効果を上げることがあるという。痛みに苦しみ、悩む人にとって手に取ってみたい一冊だ。(講談社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る