• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花天の力士」天野行人著

 左大臣藤原道長は政敵の藤原顕光にはめられて、相撲節会でお互いに最強の相撲人を選んで対決することになった。そんなとき、道長の従者が侍所で怪しい大男を見た。大男が張り手をしている大木の幹が手のひらの形にへこんでいたのだ。この大男が顕光の相撲人だと見抜いた道長は、当代一の相撲人探しを陰陽師・安倍晴明に命じる。〈聖なる力士〉がいると伝えられる秋篠の里に向かった晴明は、川のほとりで〈出雲〉と呼ばれる12、13歳の童と出会った。

 垂仁天皇の頃、野見宿禰に踏み殺された当麻蹴速の遺恨をめぐって、末裔同士が呪術を駆使して戦う時代ファンタジー。

(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る