日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

最新トピックス

解除できるのか 豊洲“時限爆弾” 市場PTメンバー激怒 議論半ばの耐震性に都が「安全証明」

 専門家の議論を待たず、シレッと「安全証明」を“強行”だ。敷地内の地下水から環境基準の最大79倍の有害物質が検出され、豊洲市場は大炎上中だが、建物の安全性の問題もいまだくすぶっている。  実は、暮れも押し迫る昨年12月28日、建物の安全性確保と、建築基準法に適合することを…(続きを読む)